忍者ブログ
Home > 記事一覧

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

燻製パーティー&パフォーマンス

会期中には、恒例の燻製パーティーや崔さんによるパフォーマンスなどが行なわれました。

パフォーマンスはシンプルながら感銘深いものでした。
ここかしこにキャンドルを灯した武器の中で、崔さんが静かに朝鮮語で語り、歌いました。
歌われたのは『아침이슬/アチムイスル(朝露)』という、1980年の光州事件のときにたいへん流行した歌とのこと。韓国の民主化運動を象徴するような歌ですが、その後もいろいろな影響を与えたようです。



また、来場者に武器を作ってもらうワークショップもやっておりました。
とりわけ男子はいくつになっても武器というものの魅力に抗い難く、作り始めるとつい夢中になってしまうようです。




そして、今年も燻製を堪能したのでした。








PR

作品紹介

この展覧会は、「武器」という危ういテーマのもとに、生徒さんたちの作品を多角的に展示することで、いまの朝鮮学校のリアルが浮かび上がってくると同時に、崔誠圭というアーティストの仕事の本質が奈辺にあるのか、よくわかるものとなりました。

まず、「ヤローズ」と呼ばれる高校3年生が美術の授業で制作した武器を、インスタレーション風に展示。
やんちゃな生徒たちの興味を引くような課題を与えつつ、問題提起にもなるような崔先生の工夫が感じられます。そうして出来た作品はこうやってちゃんと展示したくなるのがわかるほど、魅力的な造形を有していました。
そのほかにも、彼らが戦中のプロパガンダ図像を素材に制作したコラージュを展示。





そして、美術部の中学1年生が作ったゴム鉄砲。
優れた意匠と実用性を兼ね備えていて、さすが美術部と納得させられる一品。
今回部員の作品はこれ一点のみでしたが、先月開催された文化祭では美術部を中心に「平和X」という展示をやっており、それを拝見したかぎりでも彼らの優秀さがわかります。

チョン・テオ『ゴム鉄砲』(2017年)

卒業生のパク・ステさんが崔先生と一緒に制作した、有刺鉄線と金網でできた不穏な花輪。
かつて丸木美術館にも展示されたことのある、なかなかの傑作です。

パク・ステ、チェ・ソンギュ『献花』(2014年)


これらは単に生徒たちが作ったというのみならず、教師でもある崔誠圭という作家が共に濃密に関わることで成立しているのだということを実感しました。
崔さんにとって、こうした活動もまた自らの重要な表現手段なのです。

最後にもう一点、崔さん自身の作品も展示されていました。
大量の消臭ビーズで作られた「ピースマーク」です。
会期中にビーズがどんどん小さくなっていき、最後に下に置かれた写真があらわれるようになっていましたが、残念ながら最終日までにそれがどんな写真なのか判別することはできませんでした。
平和の下にはなにがあったのでしょうか。


チェ・ソンギュ『Peace symbols』(2017年)




「ぼくらは何も知らないまま 教えられないまま武器を作りつづける」  崔誠圭とヤローズ+α

今月の地下室では、アーティストで東京朝鮮中高級学校の教員である崔誠圭さんを中心とした展覧会を開催します。

わりとご近所ということもあり、縁あってこれまで何度か朝鮮学校の生徒さんたちの展覧会をやっています。
最初のきっかけは、崔さんに連れられて地下室の展示を観にきた教子たちが、自分たちもここでやりたいと言い出したから、だったと記憶しています。
彼らの、荒削りながら切実な問題意識と奔放なバイタリティが綯交ぜになった展覧会には、いつもうならされてきました。

今回の展示の目玉は、美術の授業で高校生たちが制作した作品です。
選択科目で美術を取ったのが男子ばかりだったので、通称「ヤローズ」。
不良漫画の『クローズ』をもじって名づけられたあたり、その雰囲気は推して知るべし。
「武器を作れ」との課題を与えられ、ありあわせのジャンクで制作された、凶々しくも微笑ましいリーサルウェポンが披露されます。
そのほかにも崔さんや美術部の作品などが展示される予定。

かの国について、なにかとキナ臭い報道に接することの多いこの頃ですが、美術を通して朝鮮学校の実際に虚心坦懐に触れてもらえたら幸いです。



崔誠圭とヤローズ+α
「ぼくらは何も知らないまま 教えられないまま武器を作りつづける」

人は武器に力を感じる。純粋であればあるほどにその魔力から逃れられない。その自覚の中で武器の危うさを感じる事ができるのだ。だが私たちは武器の生産に加担してしまっている事を知らされていない。そして遠い国の殺戮やミサイル発射の場面をいつまでも他人事のようにモニターで眺めている。


[崔誠圭とヤローズ+αとは]
崔誠圭は授業、ワークショップによる集団作業やネットワークによる人の繋がりから、時間、空間、経験を共有する事で創造されていく事柄を提示し、問題定義する事を表現手段としています。今回「ヤローズ」と呼ばれる高3の学生たちと共に様々なものを制作しました。ヤローズは創造を楽しみ、破壊を楽しみ、休むことも楽しむ集団であり、何も特別なアートを作ってやろうという人達ではありません。凡庸でスペシャルな等身大の表現を今回の展示で切り取ることで今の現実を見せてくれる「かも」しれません。


会期:2017年7月21日(金)〜 25日(火)
時間:13:00 〜 19:00

【イベント】
22日  18:00〜
パフォーマンス&燻製パーティー







寄稿:黒須信雄「うたげと孤心」

最後に、この展覧会の企画者である黒須さんが寄せてくれたテキストを掲載します。



「うたげと孤心」

 本企画は2016年4月足利市立美術館特別展示室にて開催された「連画のいざない」を基としているものの、展示内容は尠からず異なる。連歌の方法や形式を連画として、ことばから絵へと転換させ得るものかを探ろうとした前回の試みに対し、今回は完成された作品としての連画と云うより、連歌会に倣って連画会の如き営みは可能であるのか、亦〈自律した部分〉を繋ぐことによってではなく専ら〈自律し得ない部分〉を積み重ねることを通じて顕在するものとは果たして如何なるものかを探る試みとなった。
 具體的に為された連画的試みとしては、ほぼ500枚ほど重ね綴じられたトレーシングペーパーに6人の参加作家が各回1~2分の持ち時間で即興的に繰り返し絵を描き継いでゆくと云うかたちを採った。半透明の紙からは常時6~7枚程度その下に描かれた絵がレイヤー(層)として透け見えており、1枚ごとの絵の独立は妨げられることとなる。この連画的営為は全過程を映像として記録され、500枚でひと連なりの〈作品〉と映像が並置されることによって初めて完成される。
 前回の展示では、殊に形式面に於て連歌が連画に置換され得るものかを、亦ことばと絵との相互自律的でありながら共振的な関係に於ける〈媒體〉の在り方を探索したが、その一方で連歌に於て複数人が関与することによる意識融合の側面には光を当てることができなかった。然るに、連歌の重要な側面のひとつはまさに参加者の意識及び無意識の相互的な干渉や浸潤である。今回、完成された〈作品〉のみでなく、営みそれ自體を重視したのは、意識の揺らぎや混交を如実に顕在させる必要があったためである。尤も,営為の記録映像の方がより制作の現場を示していると云うわけでもない。この場合、〈作品〉と〈映像〉は飽くまで相補的に総體を成すのであって、分離的に自存するものではないのだ。
 更に、参加作家個々の作品を併せて展示したことは、意識融合の複層的性質から招来されている。そもそも個々人の意識とは、きわめて複雑で多義性に満ちていると同時に単一的であり、尚且つ無極點をも内包する。従って、意識融合とは、この複雑きわまる〈多〉であり同時に〈一〉である唯一的形式としての集合體である〈自己=他己〉が相互浸潤し、互いを活かすことである。とすれば、その〈自己=他己〉の開示なくしては意識融合を可感域に定着させることはできない。個々の意識の自律なくしてその融合は成立し得ないのだ。
 連画とは、例えばことばと絵との関わり、参加者の意識の融合などを探る〈遊び〉である。間違っても肩肘張った藝術なぞではない。とは云え、遊びの中でしか摑まえられないものだって在る。
 是非、皆さんも試してみては如何?
黒須信雄


作品紹介

参加作家の出品作をそれぞれいくつかご紹介します。


■赤木仁
赤木さんの絵の背景には、往々にして独自の奇想天外な物語が存在し、その物語に登場するモチーフの多くは子供時代の記憶に由来するようです。
鉱山の水路を描いた作品も、子供の頃によく遊んだ郷里の風景とのことで、六角形の石組みは期せずして連画の中にもあらわれていました。
連画では、どんなシンプルな線を描いても赤木さんらしさが滲み出て、強烈な個性を改めて実感させられました。

「AZUCHI 九十六 あなたまはやみたにふたわたらす五」(2008年/キャンバスに油彩)


「尾小屋鉱山跡カラミ水路昭和四十年」(2011-12年/パネルに油彩)


■越前谷嘉高
馴染みのある図柄や記号も、越前谷さんが描くと、ふわふわとした浮遊感をたたえた独特の景色になってしまうから不思議です。
連画において、終始挑発する役に徹して波乱を呼び込んでいた越前谷さんですが、タブローではあまり見ることのないようなイメージを次から次へと繰り出してきたのは少々驚きであり、画家の奥深さを垣間見たように思いました。

「線描雲水の習作」(2012年/キャンバスにアクリル)


「朝」(2008年/キャンバスにアクリル)



■椚田周和
屈指の崇高なロマン派的絵画の描き手である貝野澤章の風景画を、あろうことか、椚田さんが加筆して別の作品にしてしまっています。
連画というテーマを踏まえての暴挙と推測されますが、判じ物めいた文字や記号で埋め尽くされてすっかり豹変した作品を前にしてみると、種村季弘さんの薫陶を受けた方だけあって、江戸の諧謔精神に近いものを感じます。
連画では、思いがけないギミックで不意打ちする危険人物として警戒されておりました。

「round harmony」(2017年/色鉛筆ほか)


元になった貝野澤章の作品


■黒須信雄
黒須さんほどひとつのスタイルと方法論を堅持し続ける画家は稀有であり、その揺らぎのなさには畏敬の念をおぼえます。
でも、やはりそこに収まらず溢れ出てしまうものがあるようで、近年では木彫を手がけたり、企画者として今回の連画のようなユニークな試みを次々と生み出しています。11月には画家と詩人を組み合わせた「画賛」の展覧会を目論んでいるそうです。

「夜良比 N0.25」(2016年/キャンバスにアクリル)


「夜良比 N0.26」(2016年/キャンバスにアクリル)


■橋本倫
今回は出来たての新作を3点出品して頂きました。
博覧強記で知られる橋本さんは、古今東西の美術史や図像が頭の中にアーカイブ化されていて、この顔のない獅子はタイの仏教美術に、もうひとつは、聖骸布などに発想の源泉があるそうです。
連画でも、引き出しの多さと筆の速さは他の追随を許さず、あっという間に独りで完成された絵を描いてしまうので、後に続く人が苦労していました。

「獅子風の形態の静かな歩み」(2017年/キャンバスに油彩・アルミ親和性金箔)


「お花見の気配Ⅰ」(2017年/キャンバスに油彩)



■吉川陽一郎
「うたげと孤心」というタイトルの連画の展覧会で、まず最初に目につくのがこの作品というのはなかなか愉快です。
ご自宅の洗面台をベニヤで忠実に再現したこの彫刻からは、巧まざるユーモアと同時に、どこかモノを作るということに対するニヒリズムみたいなものが感じられます。
画家たちの中に彫刻家の吉川さんを配した人選の妙。連画では絵描きにはない発想で流れを変えるギヤのような役割でした。


「渚 -なぎさ-」(2017年/合板・ステンレススチール)

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ