忍者ブログ
Home > 晦日い

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

晦日い 2017

今年も地下室をよろしくお願いします。
遅ればせながら、昨年末の晦日いのご報告です。



展示も参加者も例年より多くて大盛況。
当日飛び入りで作品を持ち込まれる方もおり、すべて把握しきれないくらいの、ほどのよいカオスっぷりでした。


■あらかわあつこ『去年と今年のアルバム』『今年の個展ファイル』『「アーティストたちの家づくり展」出品作』
他人のアルバムを見るとき、なんだかその人の生活を覗くような、ちょっと後ろめたい気になります。既知の場所や知った顔に出くわすと、さざ波が立つようにハッとなったり。ましてや自分の姿を見つけたときなぞは。





■市川平『サンダとガイラのサンダ』
特殊照明作家の市川さんの作品は屋外に設置してもらいました。軒先でくるくると回転する照明が、誘蛾灯のように来場者を招き寄せてくれました。




■岡啓輔『ビルとズボン』
再開発問題は厄介そうですが、昨年は東京国立近代美術館の展覧会でも取り上げられ、日本建築史の中に確たるポジションを得た感があります。新井英樹さんが描いた岡さんの漫画も単行本化。




■木村哲雄『未来都市』
レトロフューチャーな未来都市。ドローイングというよりタブローのための下絵といった感じ。早くこの系列の絵画作品を見せてくれ画伯。




■関根正幸『ご近所写真』
ここのところ関根さんが晦日いに出している写真は、どうも記録より審美的な面に重きが置かれているように思われ、実は記録魔の新境地なのかも知れません。意外にちょっと艶かしかったりするのです。




■武田海『紙飛行機』  
立体作品とは違った、とぼけた味わいのドローイング。タイトルも意味不明な場合が多く、作家に訊ねると思いがけず含蓄に富んだ説明が返ってきたり、とくに深い意味はなかったり。そこらへんのユルさもまたいい具合です。




■田中大介『WARITAI』
田中さんは音響でワイングラスを割るというデモンストレーションをしましたが、割れませんでした。




■崔誠圭『家とその周辺に関するエスキース』
「アーティストたちの家づくり」という展覧会のために制作された作品。家づくりに関わるとしたら、というお題に対する崔さんの応答。枯葉の中にカタツムリが居たりします。





■出口泰之『yatoyama』
被写体の植物は、薄暮の森の中で撮影したそうです。イメージが立ち現れることへの出口さんの素直な喜びが画面に横溢しており、デジタルでありながら「現像」という言葉が強く想起されます。





■中島崇『遮蔽と露出 #1』
中島さんの作品をいっぺん野外で見てみたかったので、出入口に設営してもらいました。さすがストレッチフィルムという素材は自家薬籠中のもの。見慣れた風景に、あっという間に隠微な緊張がもたらされました。
中島さんは1月28日まで Gallery OUT of PLACE にて個展を開催中です。




■朴東竜『水族館』『無題』
日常の中の不条理な光景をシュールレアリスムの手法で描き出す東竜さんは、崔誠圭さんの元教え子。はからずも今回師弟対決が実現したのでした。





■比呂啓『ミニ「ゼロプロパガンダン展」』『ネット番組「世界のエスニックタウン」』『自主映画「360㎢」』
比呂啓さんはご近所にお住まいの映像ディレクター。世界の移民街を取材したネット番組の抜粋や、パレスチナへの思い入れに満ちた短編映画など。
また、比呂さんは世界の政治家などの肖像画のコレクションを「ゼロプロパガンダン展」と称して毎年公開しており、今年は2/7〜9に大塚シネマにて開催します。





■宮本江里子『西ノ島』『知夫里島』
宮本さんは毎年パノラマの大画面で未知の土地へ連れて行ってくれるので、たいへん得をした気分になります。今年は隠岐諸島。大画面というのは見るというより体験するといった感覚に近く、より臨場感が増しますね。





■柳田亮『顔出し聖ゲオルギウス』
竜退治で知られる聖ジョージの顏出し看板。商店街のハロウィン・イベント用に作ったものとのこと。柳田さんはモルドバの教会に描かれたこの原画に強く惹かれ、何度も模写しており、その姿勢にはどこかイコン制作者に近いものを感じさせます。




■大和由佳『human leg』
サン=テグジュペリ像の足裏を写した写真と、杖が地面をついている動画が一つのフレームに収められています。大和さんの作品には、発話や歩行といった素朴だけれど根源的な人間の行為への眼差しがあります。




■レンカ『ぬい』
踊り手のレンカさんが作った縫いぐるみのようなオブジェ。人かと思いきや、そうとばかりも言えないアンフォルメルなやつもいたり。かわいいけれど、形代のようなどこか呪術的な気配もあります。




■渡辺篤『Self portrait』
長きに渡る引きこもりから抜け出した際に自ら撮影した鬼気迫るポートレートを、布団カバーに印刷。布団というアイテムに当事者ならではのリアリティを感じます。「干された布団」とは「脱・引きこもり」の暗喩でしょうか。




■Chiyo Arae『prototype Ⅰ』
不在の父を表象する試み。かつてお父さんが来ていた服を象り、それをスクリーンとして所縁の映像を投影しています。




以下は、当日飛び入り参加の方々。
すべてフォローできてなくて、すみません。

■田島鉄也『永遠の思考』
最近は言葉をモチーフにした作品が多い田島さん。




■中野愛子『年越しそば』
俳優の比佐仁さんのポートレート。





そして、岡さんがまた踊ってくれました。
頭にかぶっているのはカモシカの毛皮です。








PR

「晦日い」のお知らせ

今年も残すところあとわずかになりました。
毎年恒例の「晦日い」のお知らせです。

12月30日に忘年会を兼ねて一日だけ開催される展覧会。
今年は過去最多となる18名の参加となりました。
一日だけの展示ではもったいない気がしますが、ハレというのはたぶんそういうものですね。

みなさまお誘い合わせの上、気軽にお越しください。
差し入れ大歓迎です。



【日時】
12月30日(金)15時 - 21時

【参加作家】
あらかわあつこ  市川平
岡啓輔      木村哲雄
関根正幸     武田海
田中大介     崔誠圭
出口泰之     中島崇
朴東竜      比呂啓
宮本江里子    柳田亮
大和由佳     レンカ
渡辺篤      Chiyo Arae






「晦日い 2016」

今年も地下室をどうぞよろしくお願い申し上げます。

まずは昨年末の「晦日い」のご報告から。
年の瀬にもかかわらず、入れ替わり立ち替わり、旧知新知とり混ぜて30名以上のご来場を賜りました。
今年はもっと出品者が増えてくれたらいいな、と思っております。




■あらかわあつこ「写真の記憶 記憶の写真」
あらかわさんの写真はこんなありふれたフレームや昔ながらのアルバムで眺めるのがふさわしいですね。




■今井紀彰「World piece」
昨年4月の個展で発表したフォトコラージュのシリーズ。
大作のコラージュとは違った興趣があります。




■岡啓輔「ビルとズボン2016」
日本の住宅建築をテーマにしたイタリアの展覧会に取り上げられたとのことで、その報告やいつものズボン。念願のローマのパンテオンも見物してきたそうです。




■木村哲雄「携帯百景」
画伯久々の新作に感慨無量です。
現代版北斎漫画といったところでしょうか。




■黒須信雄「虚裔 80」「虚裔 79」「虚裔 90」
画家の黒須さんが手がけるこの木彫のシリーズもすでに百点近くになるそうで、ライフワークとしてすっかり定着しました。




■関根正幸「さらば我が狂乱の日々」
昨年後半に撮影した写真とのこと。
タイトルから拝察するに私生活ではなにかと大変だったようです。




■田中大介「Re:revive」
描き損じた作品をパッチワークして巻物状に仕立て直したなかなか素敵なブリコラージュ。




■出口泰之「inward」
与那国島やスリランカの写真。
隅々にまで出口さんの洒脱なこだわりが感じられます。




■宮本江里子「伊豆大島の猫」
伊豆大島の「顔の見えない猫」たち。この大画面だとほとんど等身大です。




■Chiyo Arae「empty talks」
昨年6月のグループ展で展示した作品の別ヴァージョン。
もうひとつ、アレッポの石けんを素材にした彫刻作品も金庫の中に展示されていました。






漫画家の新井英樹さんも来てくれました。


興にのって踊り出す岡さん。



「晦日い」のお知らせ

毎年恒例となりました、忘年会を兼ねた一日だけの展覧会「晦日い」を今年も12月30日に開催致します。

今年は参加作家が例年よりちょっと多い10名となり、展覧会としても充実しております。
ぜひ皆様お誘い合わせの上、ふらりと立ち寄って頂けたら幸いです。

これまでの晦日いの様子はこちらをご覧ください。



【日時】
 12月30日(金)15時 - 21時

【参加作家】
 あらかわあつこ
 今井紀彰
 岡啓輔
 木村哲雄
 黒須信雄
 関根正幸
 田中大介
 出口泰之
 宮本江里子
 Chiyo Arae 



晦日い 2015

例年通り、地下室は「晦日い」で無事1年を締めくくることができました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。




あらかわあつこ
三日間だけ個展を開催したあらかわさんは、自分の生活圏での何気ない風景や出来事を衒いもなく撮っています。
個人的なことを言わせてもらうと、そんなあらかわさんの写真を客観的に鑑賞するのが思いのほか難しかったりします。
あらかわさんとはいわば同郷で、今もご近所に住んでいるため、わりと最近まで面識がなかったにも関わらず、そのアルバムには他人事とは思われぬ、極めて馴染み深い風景が収められていたりするのです。
例えば右端の「おもちゃのバンビ」という看板の写真。多くの人には取り立てて興味を引くものではないかもしれませんが、こちらにとっては、今はもう存在しないこの玩具店をめぐる幼少期の思い出が一挙に喚起されて、とても平常心ではいられません。
記憶の共有、というのも写真がもつ効能の一つなのだと思われます。




岡啓輔
着工10周年を迎えた蟻鱒鳶ルの年譜と、次なる新プロジェクト「 蟻鱒鳶ル球」!
ローマのパンテオンに触発されて思わず妄想してしまったとのこと。直径20メートルのコンクリートの球体の中で、みんなで車座になって世界を語る場所として構想したそうです。今はまだ妄想の段階でも、こんなところからほんとに物ごとは動きだすのかもしれません。



木村哲雄
画伯は定評ある「LoveCity」シリーズから数点出品。
哲雄らしい特有のデフォルメと色使いはじつにサイケデリックです。
左は地下室のすぐ鼻の先の風景を描いたもので、この作品はめでたくアートスタジオDungeonのオーナーの所蔵となりました。



関根正幸
蟻鱒鳶ルを撮った写真のファイル。
我が道を行く仕事ぶりに、今年もブレなど微塵もありません。



田中大介
スプライト(超高層雷放電)という現象から着想を得て制作した作品とのこと。
真暗闇の中、明滅するストロボの光で極細のストライプが描かれたタブローを鑑賞するという、閉塞的な地下室の空間を活かしたインスタレーション的な展示でありました。
そんな展示ですので、写真はあくまで参考で。



出口泰之
昨年(2015年)逗子で開催した個展を踏襲した展示になっているそうです。
余計なものを排したミニマルとも言い得る出口さんの写真には、独特の風合いがあって、もっと大きなプリントで見てみたくなります。



宮本江里子
この迫力のある大画面の被写体は、千葉県館山市の常楽山萬徳寺というお寺にある日本最大級の青銅製の涅槃仏。実際は16メートルあるそうです。この霊験あらたかな仏様が見守っていてくれたおかげで、酔って暴れる不届き者もおらず、和やかな宴となりました。



柳田亮
味わい深い手書きの「けんちく新聞」はもう15年ほど続いているそうです。
柳田さんの絵画作品は初めて拝見しましたが、けんちく新聞の繊細なペン画とは対照的な濃厚な作風だったので、たいへん興味をそそられました。




岡さんの音頭で三本締め。








        
  • 1
  • 2

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ