忍者ブログ
Home > 金大偉

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

金大偉ライブ 動画公開

金大偉さんのライブの記録動画をご覧ください。
10分ほどのダイジェストですが、当日の雰囲気が伝われば。




PR

ライブのご報告

先だって行われた金大偉さんのライブのご報告です。



この日は切れ目なくぶっ続けで10曲ほど演奏。
岩崎裕和さんのシンセなどによるアンビエントな雰囲気をベースに、未藍千紗さんのボイスや金さんの楽器演奏による即興的なノイズが介入し、さらにそこへ徳富政樹さんのリーディングや、倉岡未來人さんのライブペインティングが加味されるという盛沢山な内容でありました。

金さんはラップトップにサランギー、バンドネオン、バイオリンといった楽器だけでなく映像のスイッチングまでこなして八面六臂の活躍ぶり。
メンバーのアンサンブルもなかなかのもので、リハーサルを見たかぎりごく簡単な打ち合せしかしておらず、そこからもかなり気心の知れた面子であることが窺われます。

いろいろな音楽のスタイル・手法を意欲的に取り入れて無手勝流に消化してしまう金さんですが、満州族のシャーマンの声をサンプリングした曲はとりわけ印象に残りました。
ありがちなエキゾティシズムやスピリチュアルっぽさを脱して、金さん独自の音楽が生まれる萌芽のようなものが感じられました。
これは7年かけて制作したドキュメンタリー映画が音楽にも深い影響を及ぼしているのだと思われ、今後の展開が楽しみです。

ライブの記録動画も近々お見せできれば、と思っております。








(写真:前澤春美)



11/28 金大偉さんのライブ

いよいよ28日は金大偉さんたちのライブです。

先だって見学にいらした金さんをはじめメンバーの皆さんは、地下室の空間にふさわしい趣向をあれこれ考えているようで、どうやらありきたりなライブのかたちにはならなさそうな気配です。

ぜひお越しください。







『ロスト・マンチュリア・サマン』

地下室でのライブに先立ち、金大偉さんの映画の上映会が高円寺にて開催されます。
満州民族のシャーマニズムについてのドキュメンタリー。
金さんの多彩な活動のルーツを窺い知ることができるかもしれません。
ぜひ、ライブと併せて足をお運びください。

上映会『ロスト・マンチュリア・サマン』  
    Lost Manchuria Shamans

   この映画は天空の物語である!
   〜失われた満洲民族の原郷と薩満の宇宙の時空を求めて〜

(時間:115分/言語:満洲語、中国語/字幕:日本語/2015年度作品/16:9)

企画/制作:TAII Project
監督/音楽/撮影/構成:金大偉

2015年10月21日(水) 18:30開場 19:00 開演  
料金:1500円(全自由席)当日券のみ
会場: 座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)ホール2

映画予告編




金大偉ライブ「Deep Unconscious」

久しぶりのお知らせです。
来月、地下室にて音楽のイベントがあります。
金大偉さんのライブパフォーマンスです。

金さんはミュージシャンとしてのみならず、映像や美術の領域でも活躍する多彩なアーティスト。仄聞するところでは、満州王族の後裔でもあるらしい。

こちらもいまだ金さんの広範な仕事の全容を知らず、今回はビジュアルあり、ゲスト参加者もありとのことなので、どんなライブになるのか楽しみです。


Kin Taii Presents

Deep Unconscious
サウンドコラージュとビジュアルによるライブパフォーマンス
深層意識、水、天、光、月、炎、無、静寂の彼方へ、統合の相、循環と創造の形……。様々な細かい変化を探求する自由なライブ空間。お楽しみください!

2015. 11/28(土) Open:18:30 Start:19:00

出演:金大偉 (Sarangi、Vn、映像 他)
   岩崎裕和(key、 他)
   未藍千紗 (Voice)
   倉岡未來人(ライブペインティング、詩)
   徳富政樹(朗読、フォトイメージ)

料金:¥2,000(1drink)

主催:アートスタジオDungeon
企画:TAII Project
協力:新しい表現の会
   P-B-A放送





【金 大偉 Kin Taii/プロフィール】
中国遼寧省生まれ。父は満洲族の中国人、母は日本人。13歳の時に家族と共に来日。以降、独自の技法と多彩なイマジネーションによって音楽、映像、美術などの世界を統合的に表現。近年はアジアをテーマに音楽や映像作品を創作するほか、映像空間展示、TVや映像音楽、インスタレーション展、ファッションショー、国内外にて音楽コンサートやイベントを行い、様々な要素を融合した斬新な空間や作品を創出。各分野において高い評価を受けている。

音楽CD『Harmony』('96)『Waterland』('97)『新・中国紀行』('00) 『 龍・DRAGON 』('00) 2006年に「道 tao」シリーズ3枚を発表。また中国の納西族をテーマにした『 東巴TOMPA.』シリーズ3枚を発売。中国の原風景をイメージに『水郷・紹興』('10)。東日本大震災への祈りの組曲『念祷 nentou』('11)、『Hi-Fu-Mi 火風水』('12)『冨士祝祭 ~冨士山組曲~』('14)など多数リリース。 映像監督作品は、『回生』('01)『海霊の宮』('06)『水郷紹興』('10)『花の億土へ』('13)など多数。

KINTAII WORLD







        

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ