忍者ブログ
Home > 影炎

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

「影炎 Mirages」展は終了しました。

おかげさまで「影炎 Mirages」展は無事終了。 Bar「Dungeon」も盛況のうち店じまい。たくさんのご来場ありがとうございました。

会場で配布していたテキストを掲載しておきます。
執筆はインディペンデントでキュレーションなどをされているタムラマサミチさん。
展覧会のコンセプトをわかりやすく敷衍し、よい手引きとなりました。



「ろうそくの炎はこの宇宙のあらゆる法則に結びついているといえるでしょう」

科学者のマイケル・ファラデーが1848年と1860年のクリスマスに子供たちのために行ったろうそくの炎の実験講演は、この美しい一節から始まります。ファラデーは強いランプの光でろうそくの炎の影を映し出し、そのままでは目に見えない気流を陽炎として示すことで、私たちの住む地表を包む大気の存在へと話を広げていきます。

宇宙という真空の暗闇をまっすぐに進んでいく太陽光線は、そのままでは私たちの目に映ることはありません。それはやがて惑星を覆う大気に衝突することで、私たちが仰ぎ見る空として、あるいは夜空に浮かぶ星として、ようやく私たちの目に映るものとなります。それは上空で散乱して表情ゆたかな空模様を描き、ときには水滴で分散して空に虹をかけ、またあるときには屈折を重ねて空中に幻を浮かべます。地表まで到達したそれは、その通り道に陰影を刻みつけながら世界に形を与え、さまざまな物質との反射や透過を繰り返しながら世界に彩りを添えていきます。

一億5000万キロメートル先の太陽から約八分かけて地球へと到達する光子や光波という物理現象は、その旅路の終わりのほんの一瞬に、私たちの知っている光という心理現象に変わります。それ自体は目で捉えられない光の粒子や波は、私たちが気づくよりも一足早くこの世界を構成するさまざまな物質と出会い、そこで受け止められたものが私たちの目に映る光になります。見ることがいつも新鮮な驚きに溢れているのは、私たちの手の届くこの世界のはてしない複雑さが、決して手の届かない遥か遠くから照らされた光として、そこに束の間の姿を現しているからでしょう。

この天体規模の光のドラマの舞台を新たに創り出すかのように、「影炎」展は地下室の暗闇にろうそくと電球というふたつの光源を公転する天体のように巡行させます。酸素の燃焼により自ら発生させる気流の中心で揺らぎ続けるろうそくの炎は、より強くより安定した人工光源に照らされ、ファラデーの実験のように地下室の壁に陽炎を浮かび上がらせます。この空間はまた、まだ誰も見たことのないとある惑星系の模型ともいえます。私たちはその内側と外側を自由に行き来し、立ち止まれば天動説の世界を、再び歩き出せば地動説の世界を、ともに体験することができるでしょう。

そして恒星を囲む惑星のように、その周囲には光を受け止めるさまざまな仕掛けが置かれています。あるものは大気のように光を絡めとり空間にさまざまな表情を浮かび上がらせ、あるものは物質の豊かな複雑さを通じて光を無数の彩りへと変え、またあるものは直進する光線を交錯した軌道へと誘い込み光を躍動させます。この世界を駆け巡る光線に一定の姿を与えるそれらはいわば光の器といえるものでしょう。自然界にはないユニークな形で揺らめく光を受け止める光の器は、自らも揺らぐ光として、さもなければ私たちが見ることはなかった世界の姿を眼前に広げてくれます。

光と影、見えるものと見えないもの、形あるものと無形のもの、そしてそれらを密やかに結びつけているそこにある世界の広がりと奥行きを、地下室の暗闇を照らす様々な光から見つけだしていただけたら幸いです。
タムラマサミチ(TANA Gallery Bookshelf)



末尾ながら、クロージングイベントでの trio in quartet solo と舩橋陽さんの写真も。


(Photo : 関根正幸)



PR

動画公開

千田泰広さんが撮影した記録動画を公開します。
尺は3分半ほどです。





作品紹介

この展覧会は参加作家である中島崇さんの企画によるものです。
たぶん地下室というロケーションからまず特殊照明家の市川平さんを思いつき、さらに市川さんの動く照明と組み合わせるべき作家を考えたのだと想像されるのですが、中島さんの炯眼はなによりそれぞれの資質を見極めたこの人選にあり、各作家の持ち味が見事に活かされた展覧会となりました。

アンビエントな展示の妙味を、写真や言葉でうまく伝えるのはむつかしいものの、一通りざっとご紹介しますと、


■市川平「ロウソク×プトレオマイオス号」
各作品に照明装置を提供した市川さんの、これは単独の作品。
火のついた蠟燭をLEDの灯りで照らしてその影を壁面に映すといういたってシンプルな仕かけながら、物質ならざる炎という現象の影をかつてこれほどちゃんと見たことがなく、その幻のような幽さは得もいわれぬ神秘的なものでありました。





■竹中美幸「光. 闇. 芋.」
竹中さんは色とりどりに感光させた35ミリフィルムを素材にしており、フィルムを透過した多彩な光が壁や天井に映し出されます。
タイトルにある「芋」は、シュヴァンクマイエルの『地下室の怪』という映画に由来するそうで、感光させるとき実際にフィルムの上にお芋を置いてみたりしたらしく、その痕跡はくっきりと残っています。






■千田泰広「Light print D」
回転する照明の動きにつれて、床に散りばめられた鏡の破片が、その光を壁に反射させます。一見ランダムのようでいて、鏡の配置は周到に計算されており、CGと見紛うイメージが投影されます。




■千田泰広「0.04」
天井から吊るされた装置の直径2ミリ程の穴から間歇的に水滴が垂れるようになっていて、その穴の内側から強烈な光を当てることで、水滴がレンズとなり、どこか宇宙的で不思議な像を床面に作り上げます。これは千田さんの単独の作品。





■中島崇「VALVE」
幕のように一面に張り渡されたストレッチフィルムの前を、市川さんの照明が水平に往還することで、その影がカーテンを引いたようになめらかにスライドします。
中島さんはストレッチフィルムという素材を熟知しており、何層にも重ねることで、細密で存在感のある陰影を生み出しています。






イベントのお知らせ

最終日の24日に、サックス奏者の舩橋陽さんなどをお招きしてライブ・イベントやります。

今回の展示は、静寂の中、長いこと佇んでじっくりと作品を鑑賞される方が多いのですが、もし音楽が流れていたら、もっと違う表情を見せてくれるのではないかと思わせるところがあり、このライブ演奏が場にどんな変容をもたらすのか、かなり興味をそそられます。

「影炎 Mirages」展 closing live
噪音の器と気鳴の筒

2017年9月24日(日)
17:00 start
料金 : 投げ銭制

【演奏】
trio in quartet solo
舩橋 陽



Bar「Dungeon」も好評営業中。
国旗をイメージして、千田さんが考案したオリジナルカクテル「オーストリア」もぜひ。







Bar「Dungeon」はじめました。

設営におよそ3日間かけて、4人の作家が地下室に作りあげたのは、光と影が織りなす精妙にして繊細な世界でした。

物を作るというより場をアレンジするという感覚に近いような印象で、しかしこの展覧会の味わい深さについては、贅言を弄するよりも、実際にこの場に身を置いて、体験してもらうほかなさそうです。

会期中は終日、Bar「Dungeon」を営業致します。

バーテン経験のある参加作家がカウンターに入り、美味しいお飲物とお摘みをとりそろえて、皆さまのお越しをお待ちしております。

グラスを傾けながら、外界とは異なる時間の流れに身を委ねてみては如何でしょうか。





        
  • 1
  • 2

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ