忍者ブログ
Home > 記事一覧

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

連画の動画

連画制作の全過程を記録した動画を公開します。
15時間をコマ落としで1時間に圧縮した映像と、現場の音声のカットアップで構成されています。




PR

連画の公開制作

今回の500枚に及ぶ連画は、5日間/延べ15時間かけて作られました。

初め1人の持ち時間を3分間に設定してみたところ、皆さんかなり描き込んでしまえて即興性に乏しかったため、2分に短縮。
最終的にさらに削って1分間にしてみたら、考える暇もなくなり、反射的に思いがけないイメージが出てくるようになって俄然面白くなりました。

また、連画では描き手それぞれのキャラクターが顕著にあらわれます。
煽るひと、壊すひと、バランスを考えるひと、ぼやくひと。
なので、誰が誰の後に描くか、ということが少なからず流れに影響を与えるため、順番は籤引きで決め、固定せず定期的にシャッフルしました。
そうすることで、セッションごとに多様な展開が生まれたのではないかと思います。

おおよそ以上と同じ条件で、先日の公開制作も行われました。
違いといえば、枚数を45枚にしたこと、トレーシングペーパーを少し大き目にしたこと、衆人環視の中で緊張感がやや増したこと、くらいでしょうか。




なにを描いてもよいのだから、絵心のない自分でも参加できるのではないか、と思って初めは観ておりましたが、このメンバーの具象も抽象も自在にこなす融通無碍ぶりを見せつけられると、なんだかそんなことも言えなくなります。

手の教養というべきか、時おり名画のパロディがこともなげに描かれたりして、そうそう真似のできるものではありません。
不思議によく登場したのはダリやキリコなどで、これは連衆の好みもありますが、どうもそれだけではなく、連画というものの性格に深く関わるように思われます。
とりわけ偶然性と無意識の沃野に可能性を見出したシュルレアリスムとの親和性は強く感じたところで、実際、シュルレアリストたちは「優美な屍骸」という連画にも似た集団制作を試みていました。

休憩をはさみつつ2時間ほどの公開制作を終えた後、たまたまその場に居合わせた女性アーティスト4名で20枚の連画をやってみました。
すると、男性たちによる連画とはまったく毛色の違ったイメージが紡ぎ出されたのには喫驚。



やはり連画はやるものなのかもしれません。
会期中、トレペと画材を用意しておりますので、我こそはという方は、ぜひお申し付けください。



「うたげと孤心 ー 連画のいざない II ー」のお知らせ

来月の3日より連画の展覧会を開催します。

展覧会のタイトルは、はからずもつい先日亡くなられた詩人の大岡信さんの著書から拝借させて頂きました。この場を借りて、謹んでご冥福をお祈り致します。

大岡さんの古典詩歌論では、連歌や俳諧、歌合、相聞などから複数人で創造する「うたげ」の要素が抽出され、さらにそれと対峙する、というより裏打ちする要素として「孤心」が考察されています。

この展覧会では、6名のアーティストによって制作された連画だけでなく、参加者それぞれの新作旧作も併せて展示し、「うたげ」と「孤心」の両面を相互に参照しながら鑑賞できるようになっています。

連衆は、赤木仁さん、越前谷嘉高さん、黒須信雄さん、橋本倫さんという練達の画家たちに交じって吉川陽一郎さんが唯一の立体作家。
それと、たぶん誰も聞いたことのない名前だと思われるのが椚田周和さん。
この方はたくさんの異名を持つフェルナンド・ペソアみたいな厄介な作家で、この名前を公に使うのは初めてとのことですが、実は地下室にはこれまで何度も登場しています。

今回の連画は、2月から4月にかけて5回集まり、制作されました。
連画は出来上がった作品もさることながら、当意即妙のやりとりが繰り広げられるパフォーマンス性に魅力があり、会場ではその全過程を記録した動画を上映するとともに、5月5日には公開制作も行ないます。



うたげと孤心
ー 連画のいざない II ー


【会期】
5月3日(祝・水)〜 7日(日)
5月12日(金)〜 14日(日)

【時間】
13:00〜19:00

5月5日(祝・金) 14:00〜
連画の公開制作を行ないます。

【参加作家】
赤木仁、越前谷嘉高、椚田周和、黒須信雄、橋本倫、吉川陽一郎、安藤順健(映像)







連画のこころみ

去る2月18日、春一番は吹いたけれどまだ夜の冷え込みが厳しい地下室に、6人の男たちが集まりました。



赤木仁さん、越前谷嘉高さん、椚田周和さん、黒須信雄さん、橋本倫さん、吉川陽一郎さん。
いずれも実力と豊富なキャリアを兼ね備えた、一癖も二癖もある手練れのアーティスト。
この錚々たる顔ぶれが一堂に会したのは、ほかでもありません、「連画」をやるためです。

連画とはなにか。

例えば、日本の詩歌のユニークな特徴として、連歌や俳諧など集団で制作する表現様式があります。複数人で座を囲み、他人の詠んだ歌に自分の歌を付け加えていく。
連画とは、これをイメージの領域に応用した試みだと、ひとまず言うことができます。
同種の試みは、これまでにもいろいろ行われており、そのやり方も様々です。

昨年4月に足利市立美術館で、黒須さんの企画した『連画のいざない』という展覧会が開催されました。
細かな作法は略しますが、それは10人の画家が別の人の描いた絵に繋がるように制作して、横へと水平に展開させていくものでした。


「連画のいざない」(2016年)

その続編となる今回は、少し趣向を変え、レイヤーとして上へ上へとイメージの層を積み重ねていきます。

ライトボックスになっている作業台の上に置かれたトレーシングペーパーの束。
これに用意された画材を自由に使って、6人が順番に1枚ずつ絵を描いていきます。
各々与えられた持ち時間は1枚につき2分間で、この日はまず手始めに約3時間かけて計78枚のイメージが描かれました。

下から透けて見える絵に触発されながらイメージを変奏させていくというのは、実際やってみると、適度な緊張感と遊び心の入り混じった無類の面白さがあり、そのプロセスは時にちょっとしたドラマのようでもありました。





これからこのセッションを何度か行い、最終的には500枚のイメージの層を作り上げる予定です。そして、その成果はおそらく5月の連休あたりに披露できるのではないかと思っています。


レンカ「ほころびる私、照らされる肉体」

レンカさんの踊りは、生々しい肉体の存在を感じさせることにその肝があると思われ、薄紅入りのドーランを塗ったオリエンタルな容姿も相まって、強いて分類するならば、舞踏と呼ぶことができそうです。

とはいえ、意外にちょっとベケットの芝居を思い起こさせるようなところもありました。
壁に沿ったり対角線に歩いたりといった動作が『クワッド』のようだったり、手にした懐中電灯で顔を照らすグロテスクかつユーモラスな場面が『わたしじゃない』などに似ていたからだと思いますが、今回の舞台が即興ではなく、緻密に考えられた演出が貫徹されていたため、ことさら演劇的な要素を感じとったのかも知れません。
コンクレートな素材を基調にした自作の音響も、その印象を強くさせました。

また、タイトルにもあるように、懐中電灯やストロボなど様々な光に「照らされる肉体」というモチーフが軸にあり、闇の中に消え、光の中に浮かび上がるレンカさんの踊りを見ていると、ベケットにも影響を与えたバークリーの有名なテーゼ「存在することは知覚されることである」("Esse est percipi")が、ここにも当てはまるような気がしました。





(Photo:池田敬太)



カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ