忍者ブログ
Home > We Shot JINMO

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

"We Shot JINMO" エロス篇

会期後半の「エロス篇」は、うってかわって此処彼処で光が明滅する祝祭的な雰囲気となりました。

おそらく作品の点数は増やされ、会場に流れるJINMOさんの音楽も空間に強く作用して、あらゆる面で先週とは様変わりしている感じ。

じっくりと鑑賞できるようになったポートレイト群は、一見無造作に、ランダムに並べられ、安倍もな、石黒達也、川村昭公 a.k.a.Mixtribe、丹野徹という4名の写真家のうち、だれがどの作品を撮ったのか、あえてわからないようになっていたのも、心憎い演出でした。

今回の展覧会は、あの手この手のアイデアを駆使して、地下室の可能性を拡張してくれたのではないかと思います。







11/10はJINMOさんを囲んで4名の写真家によるトークイベントを開催。
それぞれがJINMOさんと出会ったきっかけや、伝説的なエピソードなどを披露し、そんな話を聞いた後では、展示作品により親近感がわいてきました。



なお、音楽家のJINMOさんとは別の、視覚芸術家としての側面を知ることができる展覧会が開催されます。
第30回フィナール国際美術展で"キャロリーヌ・リー賞"を授与された「極微細爆墨作品」が出展されるそうです。

【二人展・日本とフランス、感性の交流】

会期:2012年11月19日(月)~25日(日)
場所:渋谷NHKふれあいホール・ギャラリー
詳細はこちら。
PR

"We Shot JINMO" タナトス篇

11月の地下室は、ジャンルを越境する特異なミュージシャン/アーティスト「JINMO」さんを被写体として撮り続けている4人の写真家の展覧会です。

今回の展覧会で注目すべきことのひとつは、その見せ方にあります。
会期の前半では、観客は真暗闇の地下室を、受付で渡されたライトの灯りだけを頼りに作品を鑑賞します。
後半では一転して、会場は照明の光で満たされるようになるとのこと。

まずは前半の「タナトス篇」。
不穏な雰囲気の中、おそるおそる歩みを進めると、額に取り付けたLEDライトに照らされて、4人の写真家によってとらえられたJINMOさんのさまざまな姿態がぼんやりと現れては消えていきます。
いつもの地下室のスケール感がすっかり変容し、これまでにない、わくわくするような感覚に刺激されて、おのずと後半の「エロス篇」も見てみたいという気持ちにさせられました。





11/3は、JINMOさんのライブ演奏がありました。
超絶技巧のギター演奏を披露するJINMOさんのまわりを4人の写真家が取り巻き、不断にシャッターを切り続けることで、会場に展示されている作品がどのように生まれたのかが窺える趣向にもなっていました。




Photo Exhibition "We Shot JINMO"

4人の写真家による群展

“We Shot JINMO”

『魔弾の四射手、狼を狩る。』

【声明文】
我ら魔弾の四射手は、レンズを通して入ってくる光景を受け止める受動者ではなく、
レンズから発する視線眼光弾で以て、
狼JINMOを撃ち狩る能動者である。

その各作品は各瞬間の狼JINMOを撃ち狩った静止時間内の、
或いは、永遠時間内の屍体である。
展示は凍結された犯行現場群の時空を超えての集積であり、
同時に永遠時間内の屍体遺棄である。
我らは巧妙にその屍体を切り分け、地下ダンジョンに埋める。
そこは光の差し込むことの無い、暗黒の100平方メートル、
天井高僅かに170センチの地下空間。
我らはそこに、ハデス(肉体的死と、神による最後の審判との間
の中間状態を指す言葉とされている)の現出を目論んでいる。

会期前半“タナトス”(11/2~11/4)では、
入廊者は捜索者となり、
頭部にLEDサーチライトを装着した状態で、
暗黒の地下ダンジョンに入って行く。
それは従来的な受動的展示鑑賞ではなく、
能動的探査・検証の発見行為となる。

会期後半“エロス”(11/10~11/11)では、
地下空間は一転して光満ち溢れる彼岸空間となり、
2012年4月14日の演奏中に死と新生を実現した
狼JINMOのハデス・インパクトを共有する。

前半とは暗黒と光明の違いだけでなく、
展示のされ方もそれに合わせて変えられている。
入場に際しては、我らの作品群スライドショーに狼JINMOの
サウンドトラックを加えて制作されたオリジナル動画DVDが、 そのパスポートとなる。
これにより、会期中は何度でも入場が可能になる。
また会期中には2度の儀式的ショー・イベントも催される。
それらを体験する事により、入廊者は更に深くこの犯行を識る ことになるだろう。
さぁ、我らと共に能動者たり得る者よ、集結し、共犯せよ。
我らは魔弾の四射手なり。


< 写真家 "Shooter" >
Akizou Kawamura a.k.a.Mixtribe
mona ave
Tatsuya Ishiguro
Toru TANNO

< agent>
Kenichi Fukushi
< secretary>
HARI
< produce>
Avant-attaque



エントランス・チケット"DVDパスポート":1,000円
(一度ご購入いただくと会期中何度でもご入場可能です。)

開廊スケジュール
<暗黒の地下ダンジョン"タナトス">
2012年11月2日(金) 18:00~21:00
2012年11月3日(土) 15:00~21:00(イベント有り)
2012年11月4日(日) 15:00~21:00

<光満ち溢れる彼岸空間"エロス" >
2012年11月10日(土) 15:00~21:00(イベント有り)
2012年11月11日(日) 15:00~18:00
(入廊は閉廊30分前までにお願いします。 尚、最終日は18時で閉廊いたします。前半、後半では展示方法が変わります。)

会期中のショー・イベント
2012年11月3日(土) 19:00~20:30
ショー・チャージ:1,000円
"展覧会場に展示してある写真は、どのようにして撮影されたのか?"を実際に ご来場の皆様に体験していただきます。JINMOによる無伴奏独奏がおこなわれ、4人のShooter(展示作家4名)が執拗にシャッターを押し続けま す。演奏する者と撮影する者、同じエネルギーで表現されていきます。同じエネルギーでもって、目撃せよ!

2012年11月10日(土) 19:00~20:30
ショー・チャージ:1,000円
一年前から企画してきたこの展覧会について、JINMO、Mixtribe、mona ave、Tatsuya Ishiguro、Toru TANNOが爆談いたします。撮影、現像についてはもちろん、撮影秘話なども語っていただきます。


        

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ