忍者ブログ
Home > アリスの即興実験室

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

「 アリスの即興実験室 vol.Ⅲ」動画公開

12月11日の公演の動画を公開しました。
14分ほどのダイジェストです。




PR

アリスの即興実験室 vol.Ⅲ

藤井マリさんと本田ヨシ子さんによる連続公演のファイナルです。
ゲストはパーカッショニストの清水博志さん。

これまで2回の実験=試行錯誤を経てたどり着いたのは、ケレン味のないきわめてシンプルなスタイルでした。

装置としては、境界線なのか結界なのか動線なのか、床に一本の赤いラインが引かれ、それと垂直に交差するように青いラインが天井に引かれているだけ。
そこで踊りと声と音とが伯仲しながら絡みあい、互いに相手をけしかけ、鼓舞し、応答し、共振するというスリリングな即興の醍醐味を味わうことができました。

3回やることで見えてくるものが何かとあって、連続公演という初めての試みをたいへん興味深く拝見させていただきました。




(撮影:関根正幸)


アリスの即興実験室 vol.Ⅲ のお知らせ

10月から毎月1回開催してきた藤井マリさんと本田ヨシ子さんによる「アリスの即興実験室」の最終回です。

この間、藤井さんはソロ公演も2回こなす大車輪の活躍ぶり。地下室での最後の公演でどんなパフォーマンスを見せてくれるか乞うご期待。

なお、都合によりゲスト・アーティストがパーカッショニストの清水博志さんに変更になりました。ご了承ください。


アリスの即興実験室 vol.Ⅲ

「真ん中で遊ぶ、向こう側は近いか遠いか」

12月11日(日)
 声  本田ヨシ子
 舞踏 藤井マリ
 音  清水博志(パーカッション)

18:00start
1500円(1ドリンク付き 終演後)

【予約・問合せ】
09034370708/marioz606@ezweb.ne.jp(藤井)


「 アリスの即興実験室 vol.Ⅱ」動画公開

過日のパフォーマンスの記録動画を公開しました。
20分弱のダイジェストです。





アリスの即興実験室 vol.Ⅱ

藤井マリさんと本田ヨシ子さんによる「アリスの即興実験室」の2回目。
ゲストアーティストは映像の大野英寿さんです。

プロジェクターを4台駆使した大野さんの映像は、イメージを観せるというより、陰影を彫琢するための光の演出といった趣きで、見極められたタイミングで流したり消したり、壁だけでなく天井や床にも投影して、パフォーマンスを引き立てていました。

ボイスの本田さんはよりアクティブになり、生の声のみならず加工したりループさせたりした声と音響は、大野さんの映像との相性もばっちりで、ソロパートといってもいいような場面もあって、ぐんと存在感が増してきた感じ。



そして、今回の藤井さんは、光と音の飛び交う空間に、踊りで拮抗するのではなく、あえてダンスっぽい動きを封じて自然に環境に身を任せているように見受けられました。





途中、酔っぱらったお客さんが踊りに乱入するというハプニングもありましたが、即興実験室の面目躍如と言うべきか、卒なく捌いて1時間ほどのパフォーマンスをやり通しました。

2回の公演を拝見して、舞台と客席の区別もない地下空間において、劇的な構成を排したインプロヴィゼーションでなにができるのかを模索しているのだということが、少しわかったような気がしました。

最後にどんな試みを見せてくれるか、とても楽しみです。




        
  • 1
  • 2

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ