忍者ブログ

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

『最終散乱面 ー地下室のアニマー』のお知らせ

本展はアニメーションや映像にまつわる展覧会である、とひとまず言うことができます。
そもそもは、松本力さんとアニメーションをテーマにした展覧会をやろうと話したことがきっかけでした。
ただコンテンツとして映像をみせるのではなく、展示としても成立するような作品をつくる人、ということを考慮したすえ、やってくれることになったのがこの5名です。

松本力さんはローテクを駆使した手描きアニメーションを作る無類の存在。
永岡大輔さんは、ひたすら鉛筆で描いては消すドローイングを記録した映像作品で知られ、最近は「球体の家」を作るというプロジェクトに取り組んでおられます。
MakotoさんはCGのディレクターですが、作家としては紙を折って作ったユーモラスなオブジェやモビールなど、本職とは一味ちがう制作活動をされています。
音楽家の湯川静さんと映画研究家のMurderous Inkさんのコンビは、作家と呼んでいいのかわかりませんが、以前地下室で上映した映像作品がとてもよかったので、今回初めてとなるインスタレーションを委嘱しました。

アニメーションや映像という企画でこの人選になることはまずないだろうと思われ、展示もこのカテゴリーからこぼれて、美術や音楽や建築などへと越境することが予想され、なかなか面白いことになりそうです。

タイトルの『最終散乱面』というのは永岡さんの発案。
この言葉の意味について、詳しくはウィキぺディアを参照してもらうとして、ものすごく端折って言うと、この宇宙において光などの放射エネルギーが届くことにより観測可能となる領域を指すらしく、映像が投影された地下室のイメージともダブって、壮大なスケールで想像をかきたてられます。


最終散乱面

ー地下室のアニマー

Last Scattering Surface
Anima in Dungeon


永岡大輔
Makoto Sugawara
松本力
湯川静 & Murderous Ink


2018年11月10日 – 25日 土日のみopen
13:00 – 19:00


【イベント】
各日17時より
18日 ライブ : 湯川静 & Murderous Ink 
        VOQ + 松本力
25日 トーク : 永岡大輔「球体の家プロジェクトについて」


【プロフィール】
永岡大輔
1973年山形県生まれ、東京都在住。Wimbledon School of Art修士修了後、国内外にて個展・グループ展による発表多数。
記憶と身体との関係性を見つめ続けながら、創造の瞬間を捉える実験的なドローイングや、鉛筆の描画を早回しした映像作品を制作する。制作の痕跡が意図的に残される作品は作者の記憶ばかりではなく、失われた時間の痕跡としての余韻を空間にもたらす。また、平面や映像作品以外にも、朗読体験を通して人々の記憶をつなげるプロジェクト『Re-constellation』による公演や、現在では、新しい建築的ドローイングのプロジェクト『球体の家』に取り組むなど、様々な表現活動を展開している。
永岡大輔HP

松本力
1967年、東京生まれ、在住。多摩美術大学美術学部GD専攻卒業。
一コマずつのドローイングに透過光を加え、撮影するアニメーションで、絵による映像表現を目指す。
異ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多く、特に音楽家「オルガノラウンジ」「VOQ(ボック)」と、映像と音楽のライヴを行う。国内外での作品展示や、手製映像装置「絵巻物マシーン」シリーズのワークショップを商店街や病院、学校などで積極的に実施している。
松本力HP

Makoto Sugawara
フリーCGディレクターとして、CM、ゲーム、映画等のCGを数多く手掛ける一方、プロジェクター、タイプライター等を使用したインスタレーション作品の製作、ペインティング等、幅広い作家活動を続ける。 Ars Electoronica、hiroshima animationfestival、等の国際フィルムフェスティバルの出品経験も多い。
Instagram : photomakoto

湯川静
音楽家。レーベルCUCURUSS主宰。同人誌『ビンダー』を編集・発行。
http://yukawashizuka.tumblr.com/
レーベルCUCURUSS

Murderous Ink
映画研究者。ハリウッド映画史のパースペクティブを描き直すイベント『UNKNOWN HOLLYWOOD』を不定期で共同主催。
Murderous Inkさんの映画研究ブログ




PR

藝劇『夜を越える 朝を迎える ー辿り着きたい景色ー』

科白がいっさいないので、その意図するところをちゃんと汲み取れているかはわかりませんが、なにか障碍や葛藤を抱えた主人公が、服を作ることを通してそれを克服していく物語、と大づかみに解釈しながら、大阪阿部服J.K.さんによる「藝劇」を拝見しました。

でも、ことはそう単純ではなさそうで、主人公とモデルにまつわりついて一部始終をつぶさに記録するカメラマンが存在したり、途中から忽然と現れてモデルにボディペイントを施す人物がいたり、どちらも主人公の分身のようでもあって、服というメタファーを巧みに活かした、繊細にしてノーブルなドラマでした。

大阪阿部服J.K.さんは、ただ着るための服をデザインするだけではおさまらず、あらゆる表現方法を駆使して、服を作るという行為をより深く真摯に追求しているのだということがよくわかりました。

また、モデル役をつとめた牧瀬茜さんは、色のない抽象的な存在として軽やかに舞い、この寓意劇の奏功に決定的な貢献をもたらしていました。








大阪阿部服J.K.『夜を越える 朝を迎える ー辿り着きたい景色ー』

大阪阿部服J.K.さんは、その名の通り大阪のご出身。
服という媒体を使いながら、デザイナーという範疇を超えて、展示やパフォーマンスショーなどさまざまなプロジェクトを手がけています。
つい先だっても、高円寺の街中を鬼ごっこのように巡ってモデルを探し、服を作る、というイベントをやっていました。

このたびの公演は、「藝劇」と名づけられています。
出演陣に、踊り子の牧瀬茜さんや写真家の玉置哲也さんを迎え、単なるショーとも芝居ともつかない、阿部服さんの独創的な世界が繰り広げられるものと想像されます。




藝劇『夜を越える 朝を迎える ー辿り着きたい景色ー』

2018年11月3日(土)
開場:18:30 開演:19:00
1500円(1ドリンク込み)
※定員20名

[ご予約・お問い合せ]
asiaskyhigh34@gmail.com
090-8173-7083(大阪阿部服J.K.)

【出演】
大阪阿部服 J.K.
牧瀬 茜
玉置 哲也


【出演者プロフィール】
大阪阿部服J.K.
大阪で生まれる。
1998年より、活動を開始。
場所やジャンル、形式を問わずに、展示やパフォーマンスショー、プロジェクトを行っている。
人にフォーカスを当て、互いにコミュニケートを交わし、人の表裏や人生、普遍的な題材や事柄を意識して、主に服と言う媒体を使い、表現活動をしている。
2017年から、パフォーマーの星野ことりと共に、今回の出展作品であるプロジェクト「あなたのいろ わたしのいろ」を開始。
また、個人のみでの活動だけでなく、ペインターや、舞踏家、音楽家など、違うジャンルで活躍されている表現者の方を招いても活動を行っている。
大阪阿部服J.K.さんのHP


牧瀬 茜
1998年から14年間は、踊り子として日本各地のストリップ劇場を巡った。
現在は縁や人の繋がりに恵まれながらストリップ劇場だけでなく、様々な場でパフォーマンスをし、芝居などにも出ている。
その他、文章を書いたり、絵を描いたり、人物の写真を撮る。
著書に『歌舞伎町で待ってます』(メタモル出版)、『すとりっぷ人生劇場ーストリップ劇場に生きる男たちー』。


玉置 哲也
1975年生・神戸市出身。
2014年8月より撮影活動を開始。
主な被写体は野良猫・犬から人、鯨迄多岐にわたる動物全般を主にモノクロにて撮影。
近年は自身の撮影活動とは別に、他ジャンルのアーティストとのコラボレーション企画にも多数参加。
主な活動エリアは関西、沖縄・八重山諸島、台湾。
今後は活動を東アジアに向けて拡大予定。





作品紹介

どちらかというと無茶で過剰な傾向の展示が多い地下室ですが、河田さんはその対極にあるような作風。
鑑賞のための取っかかりがあまりに少なくて、とまどう来場者もちらほら見受けられました。

本展は二つの映像作品を中心に、小さな平面作品や音などで構成されています。

まず壁に大きく投影されたビデオ作品「真昼の夢」。
大画面の前に佇んでしばらく眺めていても、ヴィジュアルというべきものはほとんど見えません。ときおり赤や黄色がにじむように浮かび上がるのが辛うじて認められるばかり。
画面の脇にはペイントをほどこされたポストカードがひそやかに展示されています。
会場の一隅に置かれたラジカセからは、屋外でフィールドレコーディングされたガヤ音が流れています。




別の部屋のビデオ作品「事の次第」は、小さく投影されています。
低めのポジションから路面をとらえたフィックスの映像がえんえん続き、画面の中はやはりほとんど変化がなく、たまに落葉が風に舞ったりするくらい。
ここでも葉の形に切り抜かれたポストカードが数点壁に貼られ、ラジカセからなにかを朗読しているような声が聞こえてきます。





平面作品には、すべて今回の展覧会の案内ハガキが使われています。
彩色されたり、切り抜かれたり、削られたり、貼り合わされたりしたものを20点ばかり、会場のここかしこに余白をたっぷりとって配置。
テーブルに置かれた2台のラジオからは、始終チューニングのわずかにずれた放送が小さく絞られた音量で鳴っています。






映像といい平面作品といい音といい、いずれも現代美術ではありふれた形式ですが、鑑賞者をとまどわせるのは、作家の手の痕跡が最小限にとどめられているからでしょう。
作品として成立するぎりぎりのところで、絶妙なバランスを保ちながら、積極的な意味を発することなく嫋嫋と空間に作用しています。

おそらく河田さんはここで、美術の制度や作品行為について、前衛としてラディカルに問うているのではなく、また作家性を手離しているわけでもありません。
これまでの作品を知っているひとには、落葉にしろ、聞こえてくる音にしろ、間の取り方にしろ、いかにも河田さんらしいセンスで隅から隅まで統御されていることがわかります。

河田さんの作りだす環境をよりよく体験するには、音楽のアナロジーで考えるほうがわかりやすいかもしれません。
たとえば、イーノが『ミュージック・フォー・エアポーツ』など一連の音楽で試みているコンセプトを美術という領域でやれば、それは河田さんの作品のようになるのではないかと思われます。

(※印以外は河田政樹さんの撮影)

河田政樹「真昼の夢」「事と次第」

長かった酷暑もようやく去り、秋の気配が感じられるようになりました。
10月の地下室では、河田政樹さんの個展を開催致します。

河田さんはペインティングや写真や音、ときには鉢植えやベンチなど、いろいろなメディアを用いたインスタレーションで知られる作家です。
美術館やギャラリーという空間に、独特な手つきで、美術と美術ならざるものとの境界を動揺させるような環境をつくりだします。

河田さんのその独特な手つきを一言で言うとすれば、「慎ましやか」となるでしょうか。
とにかく余計なことはやらない、という印象。
それがよくわかるのは、今回の作家自身がデザインしたDMです。
必要最低限の情報しか記載せず、ヴィジュアルすら削られて、両面が宛名面になっています。
表裏それぞれでタイトルを変えているのが、ちょっとレコードみたいでおもしろい。

本展では、どうやら映像を使うようですが、地下室のようなクセの強い空間を、河田さんがどのようにアレンジするのか、とても興味があります。




河田政樹「真昼の夢」「事と次第」


■会期:2018年10月12日(金)– 14日(日)
                19日(金)– 21日(日)

■時間:13:00 – 19:00


【略歴】
1973 東京都生まれ
1999 多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域修了

主な展覧会
2018 「加藤学×河田政樹 Vol.2」(藍画廊/東京)
2013 「子育てと美術」(藍画廊/東京)
2012 「実生の庭」(GALLERY CAPTION/岐阜)
2012 「ファン・デ・ナゴヤ美術展2012 緘黙する景色」(名古屋市民ギャラリー矢田/愛知)
2011 「誰かの鳴らす音」(ゲルオルタナ/東京)
2011 「Kontrapunct」(GALLERY CAPTION/岐阜)
2010 「建築家 白井晟一 精神と空間」(群馬県立近代美術館/群馬)
2010 「background」(藍画廊/東京)
2009 「よりみち・プロジェクト - いつものドアをあける」(GALLERTY CAPTION、psnd、他/岐阜)
2008 「つきかげ」(GALLERY CAPTION/岐阜)
2007 「ニュー・ビジョン・サイタマ III」(埼玉県立近代美術館/埼玉)


河田政樹HP








カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ