忍者ブログ
Home > 記録魔 > 記録魔 その3 始まりました。

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

記録魔 その3 始まりました。

地下室の入口に掲げられた武盾一郎さんの美しいカリグラフィー「線譜 庚申塔」を潜ると、小さなキューピー人形が出迎えてくれます。
現代の庚申塔として制作されたタカユキオバナ×栃木美保の作品「この道はいつか来た道」です。



階段を降りれば、壁一面の写真。
アートシーンなどを記録した「Scene around me」のコーナーです。
記録魔の面目躍如といったところ。

手前が富永剛総さんとのコラボレーション「フォトトランク」



ついで、関根さんのポートレート2種。
広瀬勉さんが先週の日曜日に撮影した巨大な近影と、古くからの友人あらかわあつこさんによる若かりし日の関根さん。

広瀬勉「7月13日 日曜日 高円寺庚申通りにて」


あらかわあつこ「中山道天使」

そして、「蟻鱒鳶ル」コーナーは、関根さんの写真で蟻鱒鳶ルをヴァーチャルに体験できるようになっています。



最後が「庚申塔」の部屋。
関根さんが記録した小さな庚申塔たちと、現代のアーティストによる庚申塔の共演。


左より今井紀彰「アスファルト道祖神」、武田海「兎頭」
黒須信雄「虚裔(うつろのちすじ)による庚申的構成」

初日は、友人知人が大勢駆けつけて、20年に1度の関根祭りといった趣きとなりました。
展示しきれない写真がまだまだたくさんあるので、会期中に差し替えていくそうです。






PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ