忍者ブログ
Home > 宝島 > 立体紙芝居の撮影

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

立体紙芝居の撮影

年も押し迫った師走の地下室では、伊達一真さんのいわゆる「立体紙芝居」の新作を撮影しておりました。





染色家である伊達さんは、去年10月に開催された「地下フク FASHIOnART 2012」展にも立体紙芝居を出品し、好評を博しました。(動画はこちら

新作のタイトルは「宝島」。
前回よりも大分凝ったつくりになっていて、造型としての完成度は格段に高まり、まさにヴァージョンアップといった感じ。
果てしなく循環する物語も秀逸で、文明や富へのシニカルな眼差しは一貫しています。

完成した動画は近くこのブログにてご覧頂けると思いますので、お楽しみに。






PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ