忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 「地下フク FASHIOnART 2012」展 > 「ドキドキクラブの上映会」

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ドキドキクラブの上映会」



「人間持ちベル」
「ばばん」
「お手軽遊び“怒り”」
「エロ本からエロを打ち消す」

不可思議なタイトルのショートフィルムが一本、また1本と上映されるに従い、次第に作家の思考が露になっていく。
B級シュール・レアリズム、不条理フィルム、モンティ・パイソン的ブラックユーモア、様々な言葉が浮かぶものの、彼の作家性にピタリと当てはまる形容が見つからない。

彼の創作は高校生時代まで遡る。日常生活の中での道行く人々に対し、いかに面白い言葉を『発想』できるかを同級生と競い合うゲームに熱中したという。それ以来、電車の中でも、渋谷のスクランブル交差点でも、街中の看板を見ても、エロ本を見ても『発想』せずにはいられない性癖は続いているようだ。

「“当たり前”を疑い、いかに面白い『発想』をするか、それによって人に楽しんでもらいたい。」
彼は今日この瞬間も(あるいは夢の中でさえも)何かを『発想』しているに違いない。既成概念の打破というものに異常なほどの悦びを感じながら。

(写真・文 戸野倉あゆみ)
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ