忍者ブログ
Home > 記事一覧

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「暗闇歩き」始まりました

地下室の入口にたどり着くと、どこかうらぶれてぱっとしない風采の古川さんが玄関先で迎えてくれます。



古川さんは雨が降ろうと日射しが強かろうと会期中は毎日ここでひたすら皆さまのお越しを待っています。
お客さんがやって来ると、にこやかな笑顔で懇切丁寧に作品の鑑賞方法を教えてくれます。

そうして来場者は一人ずつ地下室へと降りていくわけですが、所要時間は人によるものの5分から10分くらいでしょうか。
入口まで来ながらどうしても中へ入るのを尻込みする方がいたりして弱りましたが、とくだん怖いことはありません。

まず口開けに、漫画家の喜国雅彦さんがいらしてくれました。
古川さんの高校の後輩なのだそうです。

https://twitter.com/kunikikuni/status/780934306503942144

入口に屯する人たち。
雨がぱらつくと裏庭へ移動します。
秋の虫の声に耳を傾けながら外で過ごすのも乙なものです。




PR

「暗闇歩き」ご案内

このたびの展覧会は、一人ずつ地下室に入って鑑賞する方式になっており、作家自ら入口で出迎えて鑑賞の作法を手引きしてくれます。

そんなわけで、会場には一人しか入れないので、順番を待ったり、ゆっくり飲食できるように、玄関前にベンチを置き、裏庭にはお休み処なぞをご用意致しました。
多少の雨なら大丈夫。宴もこちらでやります。




設営作業中の古川さんです。
壁の開口部を塞ぎ、漆喰で塗り込めています。
左官仕事も手慣れたもので、設営に3日間かけただけあって細かなところまでじつに丁寧。
これはぜひ多くの方に体験していただきたいところです。



10/1(土)の閉廊後に、ちょっとした音楽イベントを予定しております。



古川守一展「暗闇歩き」

今月28日より古川守一さんの個展「暗闇歩き」を開催致します。

古川さんは香川県在住の現代美術家。
今回の展示の内容はここでは詳らかにしませんが、地下室の特性を活かした趣向がこらされているようです。
「暗闇歩き」という胡乱なタイトルにあれこれ想像をめぐらせながら会場へ足を運んでいただけたら幸甚です。

みなさまのお越しをお待ちしております。



古川守一展「暗闇歩き」

総てのことから眼を閉じよう。
全てのものから心を閉ざそう。
暗闇に眼を閉じよう。

そして最期に
誰にも何処にも聞こえないように呟こう。
NO ( YES )


【会期】
9月28日(水)‐ 10月4日(火)
13:00 - 19:00 





クロージング・イベント

本展では、イベントのないときでも、炙り出しやマッピングと称するワークショップが常時行われていました。

来場者に自分のルーツを言葉や絵や写真にしてもらったり、普段抑圧されている感情や欲求を見えないインクで紙に書いてもらい、炙り出しにしたり。






クロージング・イベントとして、この参加者の内なる声が炙り出されたカードを燈籠に仕立てて、水に流しました。

まず、この日が初お披露目の南脱亭ぜんざいと、師匠の南脱亭登鯉小(どっこいしょ)が高座をつとめ、桑原ふみさんが詩を朗読した後に、観客に一つずつ燈籠が手渡されました。

そして各々そこにあぶり出された言葉を読み上げてから、燈籠を水に浮かべ、3週間に渡る展覧会を締めくくりました。




もちろん薫製もやりました。



最後はみんなで水の汲み出し作業。



グループ「is me」の最初の展覧会となる「Who am I」は、なにかと不備はあったものの、夏らしくて、気持のいい程したい放題やってくれました。

さっそく次回のアイデアがあれこれ飛び出し、地下室のオーナーを震えおののかせておりました。




詩劇『無色透明な自分』

この日は朴秀太さんの構成による詩劇『無色透明な自分』の上演がありました。
6名の演者が、ずぶ濡れになりながら1時間に渡って朗読やパフォーマンスを熱演。








いささか文学的で生硬な表現ではありましたが、偶々観に来てくれた外国からのお客さんたちにも、彼らのテーマや問題意識はちゃんと伝わったようです。

上演後の宴では、この遠来のお客さんがメンバーに朝鮮の歌や島うたを所望し、自分たちもロシアのジプシーやネイティブ・アメリカンの唄を歌うなど、ずいぶんと広範囲な民謡大会となりました。


※※

そしてこの日の薫製も無双の旨さでありました。
最後の週もなにか趣向を考えているようなので、ぜひ覗きにいらしてください。


※はあらかわあつこさん、※※は関根正幸さんの撮影です。



カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ