忍者ブログ

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

展示作品の紹介

■「オクルミ」
生野毅 × 黒須信雄

円形に屹立する12本の角柱。外側には黒須さんにより彫刻が施され、内側には生野さんが手ずから詩をしたためた紙が垂れ下がっています。
卒塔婆を想起させるからか、あるいはサークル状のせいか、なにかの宗教儀礼のようにも感じさせます。






■「白日萬里隔」
田野倉康一 × 川田夏子

川田さんが描いた枯淡な趣のある一双の日本画に、田野倉さんが自作の漢詩を書き添えています。
田野倉さんは奇をてらったことはせず、きわめて真っ当な画賛をやりたかったそうです。
浅学にして漢詩の評価はできませんが、字の風情、墨の濃淡など、なかなか瀟洒です。







■「ヨ」
言水ヘリオ × タカユキオバナ

このコンビは、今回例外的にどちらも詩人ではありません。
長らく美術関係の出版に携わってこられた言水さんと、言葉を重要なモチーフとして制作するオバナさん。お二人は最近ユニットを組んでいるそうです。
鏡の中心には「ヨ」の文字が刻印され、天井からの照明を受けて、強烈な光が見るものの眼を射ます。





■「うつしかけろひ」
江尻潔 × 藤白尊

藤白さんは「天津神算木」という古神道の思想を援用した色彩理論の絵画的実践で知られています。
壁から吊るされた6個のトイレットペーパーは、絵具を塗布した掌で握りしめることにより彩色され、その芯には、筒状に丸めた江尻さんの詩が添加されています。







■「ダンジョン」
広瀬大志 × 宇野和幸

壁一面を覆う絵画作品が、この一角を広瀬さんの詩にふさわしいゴシック的世界に仕立てあげています。
宇野さんの目論見は、地下室の壁に擬態すること。
それによって、壁の裏に広がる不可視の領域にまで想像をかきたてられます。







■「地下室の湖」
そらしといろ × 蒜山目賀田

20代のコンビによる、段ボールを支持体とした作品群。
「地下室の湖」という詩的感興をそそるテーマでそれぞれ詩と絵画を数点ずつ制作し、それを自由に組み合わせて、会場のここかしこに点在させています。








■「彼はもうここにいない」
川口晴美

当初は相磯桃花さんとのコラボレーションのはずでしたが、生憎相磯さんが出品できなかったため、単独での作品となりました。
地下の一室に、幽閉された詩人の書き綴った反故が巻き散らかされています。
最終日、川口さんがその作中人物と化したかのように、この場所で詩を朗読したのは前述の通りです。





PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ