忍者ブログ
Home > 「地下室」展 > 「処女作」という名の服

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

「処女作」という名の服

昨日、文化服装学院に通う友人の後藤愼平さんが地下室に来場された際、本展覧会の企画者である富永剛総さんをイメージして作ったという服を持ってきてくれました。

野心と才気に満ちあふれたその素敵なチョッキは「処女作」と名づけられ、図柄を考えあわせると、そのタイトルにはほのかなアイロニーが漂います。

剛総さんもたいそうお気に入りの様子で、会期中はユニフォームとして常に地下室で着用するとのこと。

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 21 22
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ