忍者ブログ
Home > Concrete > 『 Concrete 』

地下室ブログ

板橋にある地下スペース「アートスタジオDungeon」で開催する展覧会やイベントの情報を発信します。

『 Concrete 』

物を叩く。こする。声帯を震わせる。
すると物理的に音が発生するわけですが、それで面白い音が出るのならば、なんでも使うし、なんでもやる。おそらくそう考えているのが今回のイベントに出演してくれた方々です。

いわゆるノイズ音楽にも、エレクトロニクスやPCを取り込みながら培ってきた短からぬ歴史があり、皆さんその蓄積を消化した上で、さらに創意工夫を加え、それぞれユニークなスタイルを作り上げています。
ここではコンピュータもギターもドラム缶も鉄筋も等価であり、清々しさすら感じるほどに奔放不覊。

二日間浴びるほど拝聴させてもらって、度肝を抜かれるとともに、いろんな人がいるもんだなあ、と素朴な感慨をおぼえました。これもバリエーションとバランスを考慮した當間さんのプログラムに因るところが大きいと思われ、とても刺激を受けました。

それにしても、これだけやってご近所からまったく苦情のでなかったのがすごい。



◾️小川直人
モジュラーシンセとボイスによるシンプルなスタイル。
ボイスパフォーマンスはハードコアなのに、ひたすらぼやき続けるMCが魅力的でした。



◾️neinen × P.R.D
インダストリアルの王道みたいなドラム缶やグラインダーの実演までしてくれて感無量。



◾️pot-pourri
オーソドックスなバンドスタイルですが、地下室にドラムのフルセットが入ったのは初めてかもしれません。



◾️PUNSUCA
能書きは必要ありません。文句なく楽しかったです。



◾️當間健一郎
當間さんのソロで初日を締めました。



◾️gloptin
爆音度とインパクトでは今回一番。狂気を感じました。



◾️miura motomu
モジュラーシンセと同期したレーザー照明が格好いい、洗練されたミニマリズム。



◾️北大路翼 × 神尾良憲
このコンビは6年前の「SM俳句」以来。
北大路さんが来るや板橋が瞬時に歌舞伎町になってしまいます。



◾️physis
最近の當間さんのたぶんメインのユニット。



◾️MDMA
咲良あぽろさん、小田将大さん、それに當間さんという気心知れたメンバーで大トリを務めました。





PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
junken
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ